2011年03月06日

大崎水産(広島)が「萌え蒲」を「第63回全国蒲鉾品評会」(農林水産省後援)に出品

農林水産祭参加「第63回全国蒲鉾品評会」(農林水産省後援)に、広島市草津港の大崎水産が、「萌え蒲」を出品しております。

DSC00949.jpg

例年、全国の細工蒲鉾の名産地から伝統の技をこらした作品が多く出品されている中、異色ともいえる作品ではありますが、まだどこも手がけていない「萌え細工蒲鉾」の先鞭を広島のメーカーがつけたことに意義があると言えるかもしれません。

DSC00951.jpg

控えめに描いてあるので気づきにくいですが、この痛蒲娘さんは蒲鉾をかじってますね♪

神社の巫女さんをイメージ(設定はまだ検討中ですが、草津の神社が妥当でしょうか)。髪の毛のピンクと服の白で、キャラデザイン自体が板蒲鉾をイメージしたものになっております。三つ編みの根本にあるのは二本のしゃもじ。宮島産でしょう。

DSC00952.jpg

ちなみに、額には蒲鉾を入れるため、上げ底(?)のカスタマイズが行われています。こんなところにも職人の技が使われているのです(爆)。
この記事へのコメント
時期社長、ゲームおたくですから
Posted by at 2011年03月10日 11:57
コメントありがとうございます。
ゲームオタクの間にも蒲鉾ファンが増えると面白いかもしれません(笑)
Posted by 広島の草津のブログ管理者 at 2011年03月10日 15:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。