2011年05月18日

おふく亭(上天満町)の長崎かんぼこ

上天満町の「おふく亭」にて昆布巻き蒲鉾を買ってみました。
長崎風に言うと「かんぼこ」なのでしょうか?

297942904.jpg

広島の蒲鉾は淡白な味わいのものが多いのですが、この「長崎かんぼこ」は濃厚な感じでした。すり身はアジ? 食べ方の解説リーフレットもつけて下さっているので、初めて?でも安心。
お話を伺ってみると、お店の方が長崎出身ということもあって、かんぼこを手がけられたようです。
ベースのすり身は同じで、プレーンと昆布巻き、緑とピンクで彩りをつけたものの四種類がありました。

かんぼこの他にも煮魚などの総菜が買えるようです。今回はかんぼこだけを買って帰りましたが、テイクアウトメインでイートインも可能という感じでしょうか。
イートインのメニューには、カレーやにゅうめんなどがあるようです。また行ってみなくっちゃ(´・∀・`)

長崎かんぼこ王国

ちなみに、長崎では「かんぼこ王国」が建国され、長崎市長が国王に就任されています。
かんぼこを主役にした「長崎おでん」もPR中。
長崎県は水産品などのPRに県をあげて取り組んでいるようで、東京ビッグサイトで行われるシーフードショーでも「長崎県」の大きなブースがででんと出展されています。凄い!

長崎かんぼこのPRの取り組みと"美味しさ"、勉強させてもらいます(・ω・`)





参考:
おふく亭 - よしなしごと - Yahoo!ブログ
Twitter / @シャオヘイ: さて、これからは自宅作業。明日の国東行きに向かって万 ...
posted by KEI at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島以外の蒲鉾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。