2014年07月04日

ベトナム視察 風景編

ベトナムに水産関係の視察に行った時の写真レポート。
最終第三弾は風景編です。

DSC04368.jpg

なんとなく一番不思議だったのは、道路沿いに、こういった日用品や飲食物を売る店が立ち並んでいたことです。
それぞれのお店は、販売品目も店構えも大きな差異は無い感じなのですが、ホーチミンから南のブンタウに向かう幹線道路沿いなどに、それがとにかくたくさん並んでいるわけです。
スーパーマーケットのような大きな店がある地区は大都市近郊などで限られていて、コンビニくらいの大きさと品揃えの店も少ないのと、おそらくは各家庭での冷蔵庫などを利用した飲食物の備蓄が少ない(想像)せいもあるのでしょうか。日常の食事の外食率が高かったり、暑いので飲料などもよく売れていたり、色々要因はありそうなので、それにしても多い感じ。

P1030494.jpg

ホーチミンからブンタウの間には、エビなどの養殖に使われているであろう池などもたくさんありました。
病気などでエビの供給が滞っていたりするようですが。

DSC04580.jpg

ベトナムというと、バイクの多さはやはり特筆もの。郊外でもホーチミン中心部でも、とにかくたくさんのバイクが走っていました。
特に情報は聞いていませんでしたが、排気ガスなどによる大気汚染が進んでいるのでしょうか?多くの方がマスクをしてバイクに乗っておられました。女性の方などはオシャレのポイントとして、綺麗な色や柄のマスクをされていました(* ´∀`)

DSC04622.jpg

ホーチミン中心部、帰宅時間になるとバイクが道路を埋めていきます。
現地ガイドさんによると、バイクを持っていないと就職しにくいような状況だそうです。

ところで、ホーチミン市内を歩くにしても、道路に横断歩道はあっても歩行者用信号が無いことも多く、大きな道路では横断に苦労することもありました。
バイクも車もスピード自体は遅いので、しばらくタイミングを見計らっていれば横断することは出来るのですが、横断歩道手前で立ち止まっていると、すぐに「バイクに乗せてあげよう」と普通のおっちゃんが声をかけてくるのには多少難儀しました(^^;)。断ったら割とすぐあきらめてくれて、横断歩道を渡るのを手伝ってくれて笑顔で見送ってくれたりしましたが。

IMG_3053.jpg

ブンタウに行く途中で見た船。なんかカッコイイ二階建て(* ´∀`)。広島湾とかでこういう船が浮かんでいる様子を想像してると、オープンなデッキが欲しいような気もしてきましたが、これはこれでいい感じ。

IMG_3103.jpg

ブンタウのビーチ。広くて遠浅。

P1030494.jpg

ホーチミン郊外の高速道路などの建設現場。湿地帯はどんどんと埋められ、道路網が広がり、新しい町が出来ていっていました。
今回視察した先の水産関係の工場でも、年々賃金が上がっているというお話でした。

10年後はどんな様子になっているか、楽しみでもあり、怖くもあり…といったところです。
posted by KEI at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

ベトナム視察 食べ物編

ベトナムの水産工場等の視察へ行ってきましたので、その時のご報告を。
第二弾(笑)は食べ物編。

DSC04056.jpg

ホーチミンの南方、海辺の町ブンタウ。海岸に面した大きなレストラン"ghenh hao"。ブンタウ名物というミルクイカ。たっぷりの油で炒めた料理?身はしっかりむっちりとした弾力と味があり、足はほどよく歯ごたえがあり、先っぽはカリカリに近い感じで香ばしくて(゚д゚)ウマー

DSC04061.jpg

ベトナムなどのエビ養殖はウイルス性の病気で多くの養殖場がダメージを受けているとのでしたが、それでもエビは欠かせない食材。

DSC04352.jpg

こちらは別のレストランでの昼食に出てきたエビ。デカイ!ウマイ!

DSC04356.jpg

ベトナムでは鍋がブームだとのこと。それなりに暑い気候ではありましたが、魚介系の鍋も良いものです。

DSC04681.jpg

ホーチミン市内のロッテーマートで購入したエビカマ。タイ製。まゆみ食品というメーカーのようです。

DSC04685.jpg

こちらは蒲鉾やカニカマなどを詰め合わせにしたおせちセット(☉_☉)。同じくタイのまゆみ食品の製品。
特に日本食の「おせち」に特化した商材というのではなく、おせちという言葉を借りただけという感じでしょうか?

IMG_3157.jpg

ホーチミンのホテルの朝食で提供されていたフォー。激ウマ!目が責めるし力もみなぎる!! 朝にフォーはよいですね(* ´∀`)

IMG_3168.jpg

ベトナムコーヒーをTRUNG NGUYEN COFFEEで頂きました。 Legendee!タヌキコーヒーだとかw

IMG_3175.jpg

一緒に頼んだのはドリアンパフェw うまい!ドリアンうまい!しかも高くなくて、アイス類の中では一番安かったという。

P1030871.jpg

南国ということでフルーツも豊富で美味しかったです。右下にあるのは塩。これを付けるのが定番のようです。味のアクセントにはなりますが、まあ、そのまま食べるほうが好みではありました(^^;)。

とにかく、外食店はどこも活気があった感じですね。それだけ家庭で食べないパターンが多いということなのでしょうけど、この活気はうらやましかったです(* ´∀`)
posted by KEI at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

ベトナム視察 ベンタン(ベンタイン)市場

ベトナムに水産関係の視察で行ってまいりましたのでご報告(`・ω・´)ゞ

P1040607.jpg

観光ルートとしても定番となるホーチミンのベンタン市場。たくさんの店は入ってて活気はありますが、売っている品目は基本的には似たり寄ったり。あとはどのお店の人に"捕まる"かといった感じ(笑)。日本語を話せる方も多く、なぜか関西弁風のお姉さんがいたりとかw

P1040615.jpg

その市場の屋根の下から出た裏手(?)には、規模は小さいですが、食品を扱う商店が並んでいます。基本的には飲食店を顧客にしているように見えますが、地元の一般家庭の方の利用もあるのでしょうか?
売られているのは、豆腐や豆、魚肉か鶏肉の団子?豆腐(?)を買って味見しなかったことが悔やまれます(>_<)

P1040612.jpg

カニ!ちょっと乾いてる感じなのが気になりますが、ワタリガニ系のうまそうな奴。ノコギリガザミ?

P1040624.jpg

種類の分からない魚もいました。アルビノ系の白いやつ。

P1040622.jpg

これも種類分からず。遠くからパッと見た時はボラっぽくも思われましたが、近づいてみるとまったく違うフォルム。沖縄のほうにいるホシマダラハゼとかと同じような仲間にも思えたり。

P1040627.jpg

南国の魚介類に混じって、ノルウェーのサーモンもさばかれていました(* ´∀`)
市場に並んでいた南国の魚介類は、沿岸や川に住む種類が主なようで、漁獲量的には少ない「嗜好品」的なものが多かったように思われます(東南アジア方面では淡水魚でも漁獲量が多いものや、バサなどのように淡水で大規模な養殖が行われている魚もいますが)。ただ、サーモンは状況が変わってくるかも?

今現在のベトナムの経済からすると、ノルウェーのサーモンも高額な嗜好品かもしれませんが、急速な経済発展で所得も年々上がっているそうなので、近い将来、日本や欧米と同じかそれ以上にサーモンを消費するようになるのかもしれません。

P1040629.jpg

ベトナムではまだ電力が十分ではないそうで、食品工場などでも氷が多く使われていました。ここベンタン市場でも、ブロックの氷がトラックで運搬されてきて、それを手かぎや氷バサミで運んで、こんな感じで削って食品の保存陳列に利用。
ふた昔前くらいの日本にもあった光景なのでしょうか。
posted by KEI at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。